35mm換算(フルサイズ換算)って何?APS-Cとフルサイズの違いを写真をつかって解説します【換算表あり】

こんにちは、いまやり(@imayari_orz)です。

この記事ではAPS-Cセンサーのカメラを使っているとよく耳にするあの単語「35㎜換算(フルサイズ換算)」について解説します。

  • なぜフルサイズ用のレンズとAPS-C用のレンズでは画角が違うのか
  • フルサイズのレンズをAPS-Cにつけるとどうなるのか

などのAPS-Cカメラとフルサイズカメラの違いにも触れていきます。

Writer

いまやり

imayari

1995年生まれ26歳。

SEとして働きながらガジェット・カメラを中心に好きなモノの情報を発信するブログ「imayari」を執筆。

愛機はSony a7cとNikon D5600の2つ。最近はVlogばっかり撮影しています。

Contents

35mm換算(フルサイズ換算)とは?

35mm換算が何かを説明するにはイメージセンサーが何かを知っておく必要があります。

レンズを外すとこのような板状のものが中に見えると思います。

赤枠部分がイメージセンサー

これがイメージセンサーで、レンズから入ってきた光を映像化するためのものです。

このイメージセンサーは大きく4つの種類があり、それぞれサイズが異なっています。

イメージセンサーの大きさはフルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ>1型です。

フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズのセンサーサイズの違い
センサーサイズの違い

イメージセンサーの大きさ違いは拾える光の量が違ったり、映る範囲が違ってきたりします。

例えば、フルサイズとAPS-Cだと次のように同じ場所・同じ焦点距離で写真をとっても映る範囲がこのように違います。

センサーサイズの違いによる画角の違い
センサーサイズの違いによる画角の違い

実際の写真で見ると同じ50mmレンズでもこのような違いが出ます。

フルサイズ50mm
APS-C50mm
いまやり

かなり違うね

こうなると同じ50mmレンズの話をしていてもフルサイズかAPS-Cかによって、認識が大きくズレてきます。

この認識のズレを防ぐために使われるのが「35mm換算(フルサイズ換算)」です。

フルサイズを基準にするというルールを作り、APS-Cやマイクロフォーサーズのレンズについて話すときはフルサイズだったら・・・に変換することで同じ基準で認識ズレなく会話ができるようになります。

フルサイズが基準というルールがあるので各会社のHPや本、雑誌でフルサイズ以外のレンズを使っている場合は35mm換算の値も書いてあります。

18-55mmのレンズ紹介ページにも25mm換算値の記載がある

35mm換算の計算方法

35mm換算をするときには次の計算をします。

35mm換算の計算式
  • APS-C|焦点距離×1.5
  • APS-C(キヤノン)|焦点距離×1.6
  • マイクロフォーサーズ|焦点距離×2.0
  • 1型|焦点距離×2.7

Nikon D5600(APS-C)で50mmのレンズを使うときは、フルサイズだと75mmで撮影していることになります。

フルサイズ50mm
APS-C50mm=フルサイズ75mmくらい

フルサイズの50mmと同じ画角を撮りたかったらAPS-Cでは50mm÷1.5=33mmくらいで撮れば同じ画角で撮ることができます。

フルサイズ50mm
APS-C35mm=フルサイズ50mmくらい

この2つの式さえ覚えておけば35mm換算の計算自体はなんとかなります。

よく使う計算式
  • APS-Cからフルサイズ|焦点距離×1.5
  • フルサイズからAPS-C|焦点距離÷1.5

35mm換算 早見表

35mm換算の早見表を作ってみました。

フルサイズ APS-C APS-C(キャノン) マイクロフォーサーズ 1型
12mm 8mm 8mm
14mm 9mm 8mm 7mm
15mm 10mm 9mm 7mm
16mm 11mm 10mm 8mm
17mm 11mm 10mm 9mm
18mm 12mm 11mm 9mm 6.7mm
20mm 13mm 12mm 10mm 7.5mm
24mm 16mm 15mm 12mm 9mm
30mm 20mm 19mm 15mm 11mm
35mm 23mm 21mm 18mm 13mm
40mm 27mm 25mm 20mm 15mm
45mm 30mm 28mm 23mm 17mm
50mm 34mm 32mm 25mm 19mm
55mm 37mm 34mm 28mm 20mm
60mm 40mm 38mm 30mm 22mm
70mm 47mm 44mm 35mm 26mm
80mm 54mm 50mm 40mm 30mm
90mm 60mm 56mm 45mm 34mm
100mm 67mm 63mm 50mm 37mm
105mm 70mm 66mm 53mm 39mm
120mm 80mm 75mm 60mm 45mm
135mm 90mm 84mm 68mm 50mm
140mm 94mm 88mm 70mm 52mm
180mm 120mm 113mm 90mm 67mm
200mm 135mm 125mm 100mm 75mm
210mm 140mm 131mm 105mm 80mm
250mm 167mm 157mm 125mm 90mm
300mm 200mm 188mm 150mm 110mm
400mm 267mm 250mm 200mm 150mm
450mm 300mm 281mm 225mm 165mm

よくある質問

よくある質問を一問一答形式でまとめてみました。

なんで35mmなんですか?

フィルムカメラ時代の名残です。フィルムの大きさが1枚あたり35mmでした。

フルサイズとかAPS-Cってなんですか?

カメラ内部のイメージセンサーのことです。同じ焦点距離でも写る範囲が異なります。

APS-Cの50mmはフルサイズで何ミリですか?

50×1.5の75mmくらいです。

フルサイズの50mmはAPS-Cで何ミリですか?

50÷1.5の33mmくらいです。

APS-C機にフルサイズ用レンズをつけたらどうなりますか?

焦点距離×1.5倍の画角(APS-Cの画角)になります。

フルサイズにAPS-C専用レンズをつけたらどうなりますか?

APS-C機で写る範囲しか撮ることができないので4隅が真っ黒のケラれた状態になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる