【迷ったらコレ!】SonyミラーレスカメラにおすすめなSDカード3選!

こんにちは、いまやり(@imayari_orz)です。

この記事ではSonyのミラーレス一眼カメラにおすすめなSDカードを目的別に紹介します。

カメラを買ったらまず初めにSDカードが必要になりますが、どれを買えばいいか悩みますよね

僕も初めてSDカードを選んだときはネットで探しても、家電量販店行ってもたくさんの種類があって何を選べばいいのかイマイチわかりませんでした。

僕はよく調べもせずに適当に選んで買ったせいでこんな失敗をしました(汗)

よくある失敗
  • 容量足りない
  • 転送速度遅すぎる
いまやり

すぐに買い直すことになりました

買い直すときには選び方・自分に合っているSDカードはどれかをちゃんと調べてから買ったので次は失敗しませんでした。

ということで、この記事ではSony α6400、α6600やα7Ⅲ、α7cを買った人向けに目的別おすすめSDカードと失敗しない選び方について買いていきます。

Contents

Sony αシリーズにおすすめなSDカードの選び方

ここでは、Sonyのミラーレス一眼カメラに合ったSDカードを選ぶための基準について紹介します。

SDカード選びは次の4ステップで行います。

SDカード選びのポイント
  1. カメラの対応規格を調べる
  2. 容量を決める
  3. 転送速度を決める
  4. スピードクラスを決める

この4つを確認しておけばSDカード選びで失敗することがなくなります。

カメラの対応規格を調べる

まずはカメラが対応している記録メディアの規格を確認します。

対応規格は公式サイトの主な仕様というところで確認ができます。

▼α6400

SONYa6400対応メモリーカード

▼α6600

SONYa6600対応メモリーカード

▼α7Ⅲ

▼α7c

色々書いてありますが、SDカードを選んでおくのが無難です。

SDカードの中でもSDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードと3つに分かれています。

この3つの違いは対応している容量なので名称の違いについては意識しなくてもOKです。

規格容量
SD2GB
SDHC4GB〜32GB
SDXC64GB〜512GB

またSDカードにはUHS-IとUHS-IIという2種類の規格があります。

α6400,6600はUHS-Iのみ、α7Ⅲとα7cはUHS-IIまで対応していますね。

SDカードの容量を決める

一番大切になるのが容量です。

いまやり

僕はこの容量選びでミスをして、買い直すことになりました

容量選びでは「どれくらい写真を撮るか」「どれくらい動画を撮るか」が重要なポイントです。

写真と動画の目安容量を調べてみました。

スクロールできます
容量JPEGRAWRAW+JPEG
16GB約720枚約410枚約260枚
32GB約1440枚約830枚約530枚
64GB約2880枚約1650枚約1050枚
128GB約5760枚約3250枚約2100枚
RAWとは?

写真の保存形式の1つです。

写真を後から修正(レタッチ)するときに起こる画像劣化がJPEGに比べて少ない保存形式です。

写真メインの人だと32GBが目安になると個人的には思います。

写真の撮り方にもよりますが僕の場合は2泊3日の旅行でいつも大体400枚〜500枚くらいなので32GBが1枚あればほぼ足りなくなることはないです。

めっちゃ連写して撮るような方だと64GBや128GBくらいあった方が安心だと思います。

スクロールできます
容量HD動画FullHD動画4K動画
16GB80分40分28分
32GB160分80分56分
64GB320分160分112分
128GB640分320分224分
256GB1280分640分448分

Vlog撮影など動画がメインの人は最低でも64GBは必要です。

できれば128GBを買っておく方がいいかも。

僕は動画も撮って写真も撮ってなので旅行とかいくとまあまあなデータ量になっています。

(2泊3日の福岡旅行で動画+写真で92GBでした)

もともとはSandiskの32GBのSDカードを使っていましたが、Vlogを撮るようになってからProGradeの128GBを買い直しました。

転送速度を決める

転送速度とは次のイラストのように「カメラ→SDカード」「SDカード→パソコン」のように書き込んだり、書き出したりするときのスピードのことです。

この転送速度が遅いと次のようなことが起こります。

こんなことに・・・
  • 連写速度に保存速度が追いつかなくて連写が途中でストップする
  • 写真の取り込み速度が遅くイライラする

最初に買ったSDカードだと1枚の写真をカメラからスマホに移すのに20~30秒くらいかかっていました。

買い直したSandiskのSDカードだと・・・1枚3~5秒くらいで転送できます。

今使っているProGateはさらに早い!爆速!

個人的な体感ですが、転送速度は写真の撮影であれば90MB/秒くらいを選んでおけば困ることはありません。

動画を撮るのであれば100MB/秒以上あるといいですね。

スピードクラスを決める

スピードクラスは動画を撮る時に重要になるものです。

十分なスピードクラスのSDカードを選んでおかないと次のような失敗につながることがあります。

こんなことに・・・
  • 動画がカクカクする
  • 動画が途中で止まる

スピードクラスは以下の表を参考にしてみてください。

スクロールできます
最低保証速度SDUHSビデオ対応規格
90MB/秒V908K
60MB/秒V608K/4K
30MB/秒クラス2V304K/FullHD
10MB/秒CLASS10クラス1V10FullHD
6MB/秒CLASS6V6HD
4MB/秒CLASS4HD
2MB/秒CLASS2HD

FullHDや4K動画を撮るのであればV30のスピードクラスのSDカードを選んでおくといいと思います。

写真メイン?動画メイン?目的別おすすめSDカードを3つ紹介!

ここではSony αシリーズのカメラにおすすめなSDカードを目的別に紹介します。

写真がメインになるのか、動画がメインになるのかで選ぶべきSDカードが変わってきますので、自分がどんな用途でカメラを使うかを考えて選んでくださいね。

目的別おすすめへジャンプ
  • 写真がメインな人
  • 動画がメインな人
  • ハイグレードな一押しSDカード

写真メインならSandisk Extreme 32GBがおすすめ

容量32GB
転送速度最大90MB/秒
スピードクラスCLASS10、U3、V30
規格UHS−I

Sandisk Extremeシリーズは転送速度が90MB/sとかなり速いです。

容量を64GBではなく32GBにしたのは価格を抑えられるからです。

32GBでもRaw+Jpegで500枚程度、Jpegだけなら1400枚も撮影できるので、写真メインであれば十分な容量ですね。

私も写真メインの時に32GBを使っていましたが、困ることはありませんでした!

動画メインならSandisk Extreme Pro 128GBがおすすめ

容量128GB
転送速度最大170MB/秒
スピードクラスCLASS10、U3、V30
規格UHS−I

4K動画でも問題ないスペックなので動画メインならこれを買っておけば間違いなしです。

もし128GBじゃ不安だなーって方は256GBが選択肢に入ってくると思うのですが、もし容量を増やすのであれば128GB×2枚を持つことをお勧めします。

1枚じゃ足りないってなったときに後から買えばいいですし、2枚あれば1枚がダメになったとしてもなんとかなります。

ハイグレードならProGrade 128GBがおすすめ

容量128GB
転送速度最大250MB/秒
スピードクラスCLASS10、U3、V60
規格UHS−II

α7Ⅲやα7cなどで4K動画をたくさん撮影する方にはProGradeのSDカードがおすすめです。

これまで紹介した2つに比べると高いですが、UHS-IIとV60は魅力的です。

いまやり

PCへの転送も爆速で超快適

ずっと使っていくものなので少し金銭的に余裕があるのであれば「ずっと使える良いモノ」を買っておくのもおすすめです。

まとめ|Sonyミラーレス一眼カメラにおすすめなSDカード

この記事ではSonyのミラーレスカメラα6400、6600やα7Ⅲ、α7cにおすすめなSDカードと選び方について紹介しました。

SDカードを選ぶときは次のポイントに注意すると失敗がなくなります。

SDカード選びのポイント
  1. カメラの対応規格を調べる
  2. 容量を決める
  3. 転送速度を決める
  4. スピードクラスを決める

特に容量は目的によって最適な容量が変わってくるので目的に合ったモノを選ぶようにしてくださいね。

以上、いまやり(@imayari_orz)でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる