GoPro HERO11/HERO10用microSDならSanDisk買っておけば間違いなし!

※商品PRを含む記事です。当メディアではAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト等の各種アフィリエイトプログラムに参加しています。

こんにちは、imayari(@imayari_orz)です。

HERO11は5.3K撮影や4K120p、10bit撮影ができるなど高性能になっており、その分microSDカードに求める性能も高くなっています。

せっかく高性能なGoProを手に入れても、microSDカード選びに失敗するとGoProの良さを活かせない可能性がります。

そうならないためにもGoProの要求スペックを確認してから、適したmicroSDカードを選ぶ必要があります。

ということで、この記事ではGoProの性能を最大限に活かすためのSDカードの選び方おすすめmicroSDカードを紹介します。

Writer

いまやり

imayari

1995年生まれ。

SEとして働きながらガジェット・カメラを中心に好きなモノの情報を発信するブログ「imayari」を執筆。

初めてのGoProはHERO7です。映像の綺麗さや手振れのなさに感動したことを覚えています。今はさらに進化しており、アウトドアには必須な相棒になっています。

Contents

GoPro HERO11/HERO10におすすめなmicroSDカード

GoPro HERO11/HERO10におすすめなmicroSDカードはこちらです。

SanDisk
¥2,618 (2024/05/29 13:43時点 | Amazon調べ)
SanDisk Extremeのおすすめポイント
  • GoProの性能を最大限に活かせる性能
  • 128GBあれば容量不足の心配なし
  • コストパフォーマンスが高い

性能、容量、価格のバランスが一番いいのが「SanDisk Extreme microSD 128GB」です。

GoProの性能を最大限に活かせる性能

GoProは以下のスペックを必要とします。

GoProに必要なmicroSDカードのスペック
  • ビデオスピードクラスV30

ビデオスピードクラスについてはmicroSDの選び方で詳しく解説します。

「SanDisk Extreme microSD 128GB」はV30対応のmicroSDカードなので、5.3Kや4K120pの撮影を問題なくこなすことができます。

また最大読み取り速度190mb/秒とかなり読み出し速度が速く、スマホやPCへの転送でストレスを感じにくいのもおすすめポイントです。

128GBあれば容量不足の心配なし

GoProでは5.3Kや4K動画がメインとなるためそれなりの容量が必要となってきます。

長時間撮影する・しないなど撮影スタイルによって必要な容量は変わってきますが、日常や旅行などで使う想定であれば128GBくらいほしいですね。

おそらくは標準ビットレートがメインになるはずなので、約4時間はmicroSDカード1枚で撮影ができるので十分だと思います。

長回しするかもという方であれば256GBや128GBを2枚などの選択が必要です。

コストパフォーマンスが高い

性能、容量、価格の3つのバランスが非常にいいのが「SanDisk Extreme microSD 128GB」です。

もっと安く買えるmicroSDカードもありますが、V30対応でない、読み出しが遅いなど欠点もあります。

GoPro用として考えると要求スペックを満たしていて、ストレスなく使えるのがSanDisk ExtremeのmicroSDカードだと思います。

SanDisk
¥2,618 (2024/05/29 13:43時点 | Amazon調べ)

失敗しないmicroSDカードの選び方

GoPro用のmicroSDカードを選ぶための基準について紹介します。

microSDカードは様々な規格があり、カメラごとに対応しているものが違うため、使っているカメラに合ったmicroSDカードを選ぶ必要があります。

microSDカードを選ぶ主な基準は以下の3つです。

SDカード選びのポイント
  1. スピードクラスを決める
  2. 容量を決める
  3. 転送速度を決める

GoProの要求スペックを確認したうえで、上にあげた3つのポイントからmicroSDカードを絞っていきます。

GoProの仕様を確認する

まずはGoProがどれくらいの性能のmicroSDカードを必要としているのかを確認します。

公式HPにはカメラの仕様というページがどのカメラでも基本的にあります。

その中に対応メモリーカードや要求スペックが記載されているので確認しましょう。

GoProの場合は「V30」または「UHS-3」となっています。

スピードクラスを確認する

スピードクラスはデータの書き込みスピードに関わってきます。

カメラに適さないスピードクラスを選択してしまうと、以下のようにカメラの性能を発揮できなくなってしまいます。

誤ったスピードクラス
  • 4K動画がカクカクした映像になってしまう
  • 撮影した動画が途切れ途切れになってしまう

SDカードにはスピードクラスの指標として以下の3つがあります。

スピードクラス
  • SDスピードクラス
  • UHSスピードクラス
  • ビデオスピードクラス

それぞれクラスごとに最低保証の書き込みスピードが定められています。

各クラスと最低保証速度の対応表はこちら。

スクロールできます
最低保証速度SDUHSビデオ対応規格
90MB/秒V908K
60MB/秒V608K/4K
30MB/秒クラス3V304K/FullHD
10MB/秒CLASS10クラス1V10FullHD
6MB/秒CLASS6V6HD
4MB/秒CLASS4HD
2MB/秒CLASS2HD

GoProで5.3K、4K撮影をしたいという場合はV30と表記のあるmicroSDカードを選ぶ必要があります。

容量を選ぶ

必要な容量は撮影スタイルによって変わってきてしまいますが、はじめの1枚であれば128GBをおすすめしています。

GoPro HERO11の撮影時間の目安(64GB基準)が公式サイトに載っています。

ダイビングやスノーボード、旅行での撮影であれば数分間を細切れで撮影することがほとんどだと思います。

そのような用途であれば最高画質でも128GBで約2時間撮影できます。

おそらくは標準ビットレートがメインになるはずなので、約4時間はmicroSDカード1枚で撮影ができるので十分だと思います。

またPOVのような数時間通しで撮影するような使い方をしたい場合でも256GBを買うのではなく、128GBを複数枚買うのをおすすめしています。

2枚以上あれば何かあったときに残りのmicroSDカードで対応ができますが、1枚しか持っていなかったら問題が起こると撮影中止になってしまいます。

転送速度を選ぶ

転送速度は撮影したデータをスマホやPCに送るときのスピードに関係します。

カメラ側の条件はないですが、これが遅いとデータ転送に時間がかかりストレスやばいです。

最低でも100MB/秒くらいはあったほうが良いです。

いまやり

これは速ければ速いほどいい

おすすめに上げたSandiskのmicroSDカードは190MB/秒なのでかなり速い部類です。

逆にAmazonなどで買える安いmicroSDは転送速度が遅いものが多いです。

SanDisk
¥2,618 (2024/05/29 13:43時点 | Amazon調べ)

microSDカードを買うとき・使うときの3つの注意点

microSDカードを買うとき・使うときに注意しておいたほうがいいことが3つあります。

microSDカードを買うとき・使うときの注意点
  • ニセモノのmicroSDカードに注意する
  • 必ず予備を持っておく
  • データのバックアップをとっておく
いまやり

これら3つに注意しておかないと後悔する可能性があります

ニセモノのmicroSDカードに注意する

この記事でおすすめとして紹介したSanDisk ExtremeはAmazonでニセモノが出回ることがあります。

AmazonでSanDiskのmicroSDカードを買う際は以下のポイントに注意して購入するようにしてください。

AmazonでSanDisk Extreme PROを買う際の注意点
  • 正規品と表記のあるモノを買う
  • 販売・発送業者がAmazon.co.jpになっているモノを買う

たまに破格で出ていることがありますが、販売業者が怪しいものがほとんどです。

また並行輸入品のほうが安い場合もありますが、本物かどうか見分けがつかないので失敗したくなかったら避けるのが無難です。

必ず予備のSDカードを用意しておく

microSDカードは消耗品です。

頻繁に故障するものではありませんが、壊れるときは壊れます。

例えばそれが旅行中だったら、それ以降の写真や動画が撮れなくなってしまいます。

1回だけ僕も青森に旅行中に読み込みエラーになったことがあります。山奥だったので近くに電気屋さんもなく、泣く泣く撮影はあきらめました。。。そのあとすぐに予備も買いました。

そんなことにならないように、最低でも2枚はmicroSDカードを持っておくのをオススメします。

いまやり

僕は心配症すぎて常に3枚持ってます

データのバックアップをとっておく

写真データ、動画データのバックアップも必須です。

データは2か所以上に保存するのがおすすめです。

僕の場合、外付けSSDと外付けHDDに保存してかつ写真はAmazon Prime Photo(クラウドストレージ)にも保管しています。

3重保存はやりすぎかもしれませんが、例えば災害などでPCやSSD,HDDが全部ダメになるなんてこともあるので、念には念をでバックアップを多重にとっています。

▼おすすめ外付けSSD2種類

▼おすすめHDD

まとめ|GoPro HERO11/HERO10におすすめなSDカード

この記事ではGoPro HERO11/HERO10におすすめなmicroSDカードと選び方について紹介しました。

GoPro用のSDカードは以下の基準で選べば失敗をなくせます。

GoPro用microSDカードを選ぶポイント
  • ビデオスピードクラスV30
  • 容量は128GB
  • 転送速度は100mb/秒以上
  • 正規品を購入する

この条件をクリアするmicroSDカードの中でおすすめなのが「SanDisk Extreme microSD 128GB」です。

まず失敗はないので迷ったらコレを買ってみてください。

SanDisk
¥2,618 (2024/05/29 13:43時点 | Amazon調べ)

以上、いまやり(@imayari_orz)でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents