【決定版】iPadおすすめ画面保護フィルムを目的別に紹介!選び方やフィルムの特徴は?

こんにちは、いまやり(@imayari_orz)です。

この記事ではiPad用の画面保護フィルムの選び方おすすめ画面保護フィルムを紹介します。

iPadの画面保護フィルムって種類が多すぎですよね。

ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店に行ってもネットで探してもズラーーーって並んでいてどれを選べばいいのかよく分かりません。

どれか適当に選んで買ってもいいのですが、やっぱ大切なiPadと一緒に使うものだから失敗はしたくないですよね。

いまやり

たかが数千円だけど失敗するのはちょっと・・・

画面保護フィルムはiPadをどうやって使いたいかの目的を基準に選ぶことで失敗がなくなります。

ということで、この記事では「【決定版】iPadおすすめ画面保護フィルムを目的別に紹介!選び方やフィルムの特徴は?」について書いていきます。

Contents

そもそもiPadに画面保護フィルムは必要?

1000円程度でiPadの画面を細かな傷から守れるので貼っておくべきだと思います。

画面保護フィルムには次の3つの役割があります。

画面保護フィルムの役割
  • 画面を傷から守る
  • 画面割れを防ぐ
  • 見え方・感触を変える

iPadの液晶画面は非常に硬く傷がつきにくい素材でできています。

試してはないけどカッターで引っ掻いても傷がつかないそう。

なのでちょっとやそっとのことじゃ傷がつかないし、耐久性もそこそこあるので「画面保護フィルムいらないんじゃね?」って思いますよね。

僕もそう思って貼っていない時期がありました。

でも今は貼っています。不安感が凄かったから。

画面保護フィルムを貼っていなかった時はかなり神経を使っていました。

こんな感じでした
  • 傷がつかないように扱う
  • カバンにしまう時もできるだけ他のものとぶつからないように

こんなビクビク使うくらいなら1000円、2000円くらい出して画面保護フィルムを買っちゃおうって思いました。

という感じで今は画面保護フィルムを使っています。

いまやり

ちなみに画面が割れた時はこれくらいの修理料金がかかります

iPadの画面修理費用

安くても4万円です。。。

4万円あればAirpodsや無印iPadが買えちゃう値段ですね。

修理費用のことも考えると画面保護フィルムは貼っておきたいですね。

いまやり

画面保護フィルムがあると安心感が違います

iPadの画面保護フィルムの選び方

画面保護フィルムの選び方

iPadの画面保護フィルムにはたくさんの種類があります。

素材が違ったり、見え方が違ったり、機能が違ったり、、、ほんと色々あります。

ここでは、「何をどう選べばいいかのポイント」や「どんな使い方に向いているか」について書いていきます。

iPadの画面保護フィルムを選ぶときは次の3つの観点で選ぶといいと思います。

画面保護フィルムの選び方
  1. 素材を選ぶ
  2. 見え方を選ぶ
  3. 機能を選ぶ

【素材】フィルムかガラスかを選ぶ

画面保護シートにはペラペラのシートタイプとガラスタイプの2種類があります。

シートタイプは画面保護シート、ガラスタイプはガラスフィルムって呼ばれたりもします。

シートタイプとガラスタイプの特徴は次のようになっています。

シートタイプの特徴
ガラスタイプの特徴
  • PET素材
  • 画面が霞むかも
  • 衝撃に弱い
  • ペラペラで貼りにくい
  • 薄いからケースと干渉しない
  • 感度が鈍らない
  • ガラス素材
  • クリアで見やすい
  • 衝撃に強い
  • 硬いから貼りやすい
  • 厚みがありケースと干渉するかも
  • 感度が鈍るモノもある

大きな違いは衝撃に強いか弱いかです。

ガラスフィルムであれば、落とした時にガラスフィルムが衝撃を吸収してくれて画面は無事ということがあります。

Apple Pencilを使って文字を書いたり、絵を描いたりする人はガラスフィルムよりもシートタイプがおすすめです。

ガラスフィルムは非常にツルツルしておりApple Pencilが使いにくいです。

また厚みがあるためペン先の制御が難しいです。

【見え方】グレアかアンチグレアかを選ぶ

画面保護シートもガラスフィルムもグレアとアンチグレアという2種の画面の見え方が違うフィルムがあります。

グレアフィルムは光沢のあるフィルムです。

見え方がクリアなのが特徴で、映画を観たり、写真・動画の編集などに向いているフィルムです。

アンチグレアフィルム(ノングレアフィルム)は非光沢のフィルムです。

触り心地がさらさらとしていて指の引っ掛かりがないのでゲームに向いています。

また指紋が目立たないというメリットもあります。

グレアフィルムの特徴
アンチグレアフィルムの特徴
  • 見た方がクリア
  • 光沢がある
  • 色も鮮やかにでる
  • ツルツルしている
  • 指での操作がしにくい
  • 映り込みがある
  • 指紋が目立つ
  • 映画を観るのに最適
  • 写真や動画の編集に向いてる
  • 見た方が少しかすむ
  • 光沢がない
  • 色の鮮やかさが欠ける
  • さらさらしている
  • 指での操作がしやすい
  • 映り込みがない
  • 指紋が目立たない
  • ゲームに向いている
  • 読書に向いている

【機能】欲しい機能を選ぶ

iPadのフィルムには「シートタイプかガラスタイプか」、「グレアタイプかアンチグレアタイプか」の以外にも色々な選ぶポイントがあります。

オプション的な機能
  • ブルーライトカット
  • 指紋防止
  • 反射防止
  • 衝撃吸収
  • 気泡防止
  • 指紋防止
  • 撥水撥油
  • スクラッチ防止
  • 飛散防止
  • 簡単取り付け
  • ペーパーライク

もちろん全部の機能がついた画面保護フィルムはないので、この中で何を重視するかの優先順位付けが必要になります。

僕の場合は次の目的からペーパライクフィルムを選びました。

選んだポイント
  • 指紋が目立たないのがいい
  • Apple Pencilで文字が書きやすいのがいい

ペーパーライクフィルムはその名の通り「紙のような質感」の画面保護フィルムです。

表面がすこしザラザラしていて摩擦があったり、紙に書くときのような沈みがあるためApple Pencilの使いやすさが向上します。

「シートフィルムかガラスフィルムか」、「グレアかアンチグレアか」を決めた後に欲しい機能で絞ると、たくさんある画面保護フィルムも数個に絞れるはずです。

【目的別】iPadおすすめ画面保護フィルム

iPadにおすすめな画面保護フィルムを目的別に紹介します。

下記の3つのパターンでiPadを使うことを前提におすすめ画面保護フィルムを選んでみました。

iPadでゲームをするならアンチグレアフィルムがおすすめ

iPad Proをゲーム中心に使う人は以下の2つのポイントが大切です。

ポイント
  • 感度がいい
  • さらさらしていて滑らかに指が動く

中華製の安い画面保護フィルムはハズレを引くと感度がすごく悪かったりします。

COD mobile、フォートナイト、PUBG、荒野行動などの一瞬の打ち合いで勝負が決まるゲームは感度がすごく大事ですよね。

また音ゲーとかもタップしてるのに反応してくれなかったら・・・

いまやり

感度が悪いとゲームでイライラしちゃいますね・・・

また指での操作のしやすさも大切です。

視点移動(エイム)も指がスムーズに動かないとまともに戦えません。

LINEディズニーツムツムやパスドラなどのなぞる系のゲームでも指がスムーズに動くかはとても大切ですね。

いまやり

おすすめは吉川優品のアンチグレアフィルムです

吉川優品のおすすめポイント
  • 価格が安い
  • アンチグレアだけど比較的クリア
  • 感度が高い
  • 操作性がいい
  • 映り込みがない
  • 指紋が目立たない
  • 貼り付けガイド付属

▼iPad Pro はこちら

▼iPad Air はこちら

▼無印iPad はこちら

写真・動画編集をするならグレアガラスフィルムがおすすめ

映画を観たり写真や動画を編集する人にオススメな画面保護フィルム

iPad Proで映画を観たり、写真や動画を編集することを目的にしている人は映像が綺麗に写るグレアタイプのガラスフィルムがおすすめです。

透過性の高いフィルムを選ぶことでiPad ProのRetinaディスプレイの良さを最大限に活かすことができます。

いまやり

おすすめはNIMASOグレアガラスフィルム

NIMASOのおすすめポイント
  • 価格が安い
  • 薄くて透明度もいい
  • 極薄だけど衝撃吸収がしっかりしている
  • 高耐久撥油コーティングで指紋がつきにくい
  • 貼り付けガイド付属

▼iPad Pro はこちら

▼iPad Air はこちら

▼無印iPad はこちら

絵を描く・文字を書くならペーパーライクフィルムがおすすめ

文字を書いたり絵を描いたりする人におすすめな画面保護フィルム

Procreateやアイビスペイントなどで絵を描きますか?

Goodnote2やNotabilityで授業や会議のメモを取りますか?

iPad ProとApple Pencilを使って絵を描いたり、文字を書くことを予定しているのであればペーパーライクフィルムは必須です。

ペーパーライクフィルムは表面がざらざらしていて紙のような描き心地の画面保護フィルムです。

普通のガラスフィルムやiPadの液晶そのままだとツルツルしていて全然気持ちよくApple Pencilを使えません。。。

いまやり

ペン先の細かい制御はかなり難しい

絵を描いたり、文字を書くことが多いのであればペーパーライクフィルムを買っておいて間違いはないです!

ざらざらと抵抗があるかないかではApple Pencilの使い心地が全然違います。

いまやり

ペーパーライクフィルムはエレコムがおすすめ

エレコムのおすすめポイント
  • 価格が安い
  • 安心の日本メーカー
  • スタイルが選べる
  • 紙のような書き心地
  • 指紋防止
  • 評価が高い

▼iPad Pro はこちら

▼iPad Air はこちら

▼無印iPad はこちら

ライトユーザはクリアガラスフィルムがおすすめ

オールマイティに使えるおすすめ画面保護フィルム

まだあまりiPadの用途が決まってなくてとりあえずネット検索やYoutubeの視聴、AmazonPrimeでの映画鑑賞などに使いたいという方はNIMASOの画面保護フィルムがおすすめです。

おすすめポイントは次の3つです。

おすすめな理由
  • 安価
  • 旭硝子製で質が高い
  • 貼り付けガイドが付属

NIMASOの画面保護フィルムは1000円台とかなり安く買えるのですが、旭硝子製のガラスを使用していてAmazonでもかなり高い評価となっています。

いまやり

旭硝子は日本が誇る世界最大手のガラスメーカーです

1000円と安いので使っていくうちに絵を描きたいなど別の目的が出てきたら、違うフィルムに張り替えればOK!

また貼り付けガイドが付属しているのも嬉しいです。

貼り付けガイドを使えば貼る位置を間違えて貼り直すといったこともなくなります。

NIMASO貼り付けガイド
NIMASOなら貼り付けガイドが付属する

画面保護フィルムの貼り付けってかなり難しいですよね。

いまやり

僕も苦い失敗経験が・・・貼り直しをしようとしてボツになったフィルムも・・・

まだiPadの用途が決まっていないからとりあえず評価が高いおすすめ画面保護フィルムが欲しいという方にはNIMASOを選択肢に入れてみてください。

NIMASOのおすすめポイント
  • 価格が安い
  • 薄くて透明度もいい
  • 極薄だけど衝撃吸収がしっかりしている
  • 高耐久撥油コーティングで指紋がつきにくい
  • 貼り付けガイド付属

▼iPad Pro はこちら

▼iPad Air はこちら

▼無印iPad はこちら

まとめ:iPadの用途に合った画面保護フィルムを選ぼう

この記事では「【決定版】iPadおすすめ画面保護フィルムを目的別に紹介!選び方やフィルムの特徴は?」について書きました。

iPadを何に使うかの用途によって選ぶべき画面保護フィルムは変わります。

いまやり

自分に合ったフィルムを選ぶことでiPadの使いやすさが激変しますよー

以上、いまやり(@imayari_orz)でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる