APPLE製品

【レビュー】igsticker Macbookキーボード用スキンシールでUSキーボード風に仕上げる!

ガジェットのおしゃれ化を進めているいまやり。(@imayari_orz)です。

僕の持っているMacbookはJIS配列(日本用キーボード)なのですが、ちょっとごちゃごちゃしています。

それに比べてUSキーボードはかなりスッキリしていますよね。

 

このMacbookもUSキーボードっぽくできないかなーって探していたら「Macbookのキーボード用スキンシール」というものを発見しました。

igstickerというメーカーから出ているMacbookのキーボード用のスキンシールは貼るだけでキートップを変更することができます。

 

実際貼ってみたら見た目がスッキリしておしゃれ度が増しました。

 

というわけでこの記事では「【レビュー】igsticker Macbookキーボード用スキンシールでUSキーボード風に仕上げる!」について書いていきます。

[toc]

igsticker Macbookキーボード用スキンシールのレビュー

※開封から途中までの写真が消えてしまいましたorz

とにかくシールをキーボードに貼っていきます。

この段階で15分くらいです。

 

作業にはピンセットが必要不可欠です。

 

シールをピンセットで取ります。

 

軽く置く程度で位置決めをします。

 

位置が決まったらそのままピンセットから離し、指で空気を抜きながらしっかりと貼り付けていきます。

 

大体30分ほどで全てのキーを貼り終えることができました。

 

見た目がかなりスッキリしましたね!

 

Macbookキーボード用スキンシールのメリット

Macbook Airにキーボード用シールを貼ったことで次のメリットがありました。

  •  JIS配列だけどUS風にできておしゃれさが上がる
  •  キーがテカテカしてくるのを防げる

 

JIS配列とUS配列のキーボードの違いはキートップのデザインもありますが、かな/英数の切り替えキーがあるかないかです。

いまやり
結構多用するキーですね

 

JIS配列のかな/英数の切り替えキーが欲しいけど、でもUS配列のデザインも捨てられない・・・という方はスキンシールとの相性抜群だと思います。

 

あとは、キー表面を保護することができます。

Macbookのバタフライキーボードは使っていくうちにキートップがツルツル・テカテカになっていきますが、シールを貼っておけばその心配はありません。

いまやり
シールは張り替えられるしね

 

買い替え時に売ることを考えるとキーボードに使用感があるかないかでは結構な価格差になりそうです。

 

まとめ|おしゃれになって愛着3倍です

この記事では「【レビュー】igsticker Macbookキーボード用スキンシールでUSキーボード風に仕上げる!」について書きました。

価格は1000円前後、貼り付けも30分程度でMacbookをUSキーボード風にカスタマイズすることができました。

 

JIS配列を選んだけどUS配列に未練がある次のような方

  • JIS配列を選んで後悔している
  • エンターキーの大きさがネックでJIS配列を選らんだ
  • かな/英数変換が欲しくてJIS配列にした

このような方はMacbook キーボード用スキンシールをぜひ試してみてください!

以上、いまやり。(@imayari_orz)でした。

-APPLE製品
-,

© 2020 いまやり Powered by AFFINGER5