カメラグッズ・アイテム

【レビュー】激安ストロボNeewer TT560はかなり使える!【作例あり】

日中シンクロやスローシンクロなどストロボを使ったポートレート撮影にハマっているいまやり。(@imayari_orz)です。

 

最近は風景撮りでもポートレート撮影でも常に「Neewer TT560」というストロボ(スピードライト)を持ち歩いています。

 

この「Neewer TT560」というストロボは3000円と激安ですが、必要な機能が揃っているので初めての1台にはもってこいなストロボだと思います。

いまやり
コスパよろし

 

ということでこの記事では「【レビュー】激安ストロボNeewer TT560はかなり使える!【作例あり】」について書いていきます。

 

Neewer TT560の外観をレビュー

 

まずは外観や各種機能の紹介をしていきます。

 

正面はNeewerのロゴと赤外線センサーがついています。

 

見た目は「GODOX TT600」や「Powerextra DF-400」とほぼ変わりないですね。

 

裏面は光量やモードを確認するLEDランプ、各種ボタンのみのシンプルな作りとなっています。

 

サイドには電池ボックスがついています。

 

単三電池4本を使用します。

Neewer TT560の残念なポイント」でも書きますが、電池消費が激しいのでエネループなどの充電式電池を一緒に買っておくといいと思います。

 

フラッシュヘッド(発光部)はこんな感じ。

これも他のストロボと変わりないですね。

 

フラッシュヘッドには次の2つのパーツが収納されています。

  • ワイドパネル:光の範囲を広げる
  • キャッチライト反射板:光を伸ばす

光の範囲を調整できるので意外と便利
いまやり

 

Neewer TT560は可動域が広くて使いやすいのも特徴です。

  • 縦方向:90°
  • 横方向:270°

正面

 

斜め上

 

真上

 

真上(横向き)

 

右向き

 

左向き

 

真後ろ

 

Neewer TT560は可動域が広くどんな向きも対応ができるため

  • 直光(直射)
  • 壁バウンス
  • 天井バウンス
  • 背面バウンス

など様々なシチュエーションに対応できます。

 

フラッシュヘッドは好きな方向に設定することができるのでスレーブ撮影でも役立ちます。

スレーブ撮影とは?

スレーブ撮影とは、複数のストロボを同時発光させる撮影方法です。

スレーブ撮影時にはストロボ子機の赤外線センサーを親機のセンサーに向けてセッティングする必要があります。

 

あまり使いませんが、、、可動部に角度の目盛りがついています。

 

 

Neewer TT560の基本操作

 

Neewer TT560は難しい設定はなく、開封後すぐに使うことができました。

ここでは簡単に操作方法について紹介します。

 

 

Neewer TT560のボタンは次の4種類です。

  • 電源スイッチ
  • +/-ボタン
  • MODEボタン
  • TESTボタン

 

電源スイッチ|電源を入れるだけですぐに使用可能

電源スイッチをON側にスライドさせると次の写真のようにLEDが点灯します。

 

一番左が光量、真ん中(M,S1,S2)がモード、POWERがチャージ完了のランプです。

 

電源をつけて数秒すればPOWERのランプが点灯し、発光できる状態になります。

 

この状態になれば、あとはシャッターを切ると同時に発光してくれます。

 

+/-ボタン|光量調整はマニュアル TTLは非対応

Neewer TT560は残念ながらTTL非対応のため、マニュアルで光量を調整する必要があります。

TTLとは?

ストロボが自動的に測光・光量調整をしてくれる機能です。

 

+/-ボタンを操作して光量を調整します。

左が最小光量で右にいくにつれて光量が増えていきます。

 

僕は、まずは最小〜3番目くらいの光量で撮ってみて、撮った写真をみながら光量やカメラ設定を微調整していきます。

いまやり
カメラはM(マニュアル)モードを使ってくださいね

 

MODEボタン|スレーブ撮影以外はMモード

Neewer TT560は次の3つのモードがあります。

  • M:マニュアルモード
  • S1:スレーブモード
  • S2:スレーブモード(奇数回スキップ)

基本的にはMモードを使用します。

 

S1,S2はスレーブ撮影をするときに使用するモードです。

S1とS2の違いはかなりマニアックになるので、ここでは割愛させていただきます。

基本的にはS1を使っていればOK
いまやり

 

Neewer TT560で試し撮りをしてみた【作例】

 

Neewer TT560を使っていくつか試し撮りをしてみました。

 

曇りの日で右から自然光が若干入ってますが、かなり暗い部屋で撮影しました。

撮影時の設定はこちらです。

  • M(マニュアルモード)
  • 焦点距離30mm(APS-C)
  • 絞り f/4.0
  • シャッタースピード1/50s
  • ISO100
  • 露出補正±0

 

ストロボを使わずに撮影

 

かなり暗いですね。

黒つぶれしてます。

 

直射で撮影

 

下から3番目の光量ですが明るく撮れています。

ただ、光が硬いですね。

カメラの影もくっきり写っています。

 

天井バウンスで撮影

 

明るさ十分で、きれいに光がまわっているので影もできていません。

ブツ撮りをするなら天井バウンスが良さそうです。

 

壁バウンスで撮影

 

左側の壁にフラッシュヘッドを向けて撮影しました。

左が明るく右が暗いコントラストがカッコいい感じですね。

 

 

別売ディフューザーで光を柔らかくする

Neewer TT560は別売の専用ディフューザーをつけることができます。

 

ディフューザーは光を柔らかくする効果があります。

ディフューザーありなしの写真を比べてみてください。

左なし|右あり

 

若干ですが、光が柔らかくなっているように見えますよね。

ポートレートや花撮影など可愛さ・柔らかさを表現したいときはディフューザーをつけたほうがイメージに近い写真になると思います。

 

Neewer TT560のおすすめポイント

 

Neewer TT560のおすすめポイントは次の3つです。

  • とにかく安い
  • 十分な機能
  • スレーブモード

Neewer TT560はとにかく安い

Neewer TT560はとにかく安いです。

 

CanonやNikonの純正ストロボが3万、4万するなかでTT560は3000円以下で購入することができます。

安いは正義
いまやり

 

安いからこそ野外でもガンガン使えるのも嬉しいポイントですね。

 

Neewer TT560は十分な機能を備えている

Neewer TT560は3000円と安いにもかかわらず、必要な機能はほとんど揃っています

 

フラッシュヘッドがどの方向でも向くので、各種バウンス撮影も問題ありません。

 

GN(ガイドナンバー)が38なので光量も問題なく、日中シンクロも撮影可能でした。

 

別売のディフューザーを使えば柔らかい光を作ることもできます。

 

Neewer TT560はスレーブ撮影に使える

Neewer TT560はスレーブ子機として使うことができます。

なので、後からもっと良いストロボを買ったとしても、まだまだ使い道があり無駄になりません。

 

Neewer TT560の残念なポイント

 

Neewer TT560の残念なポイントは

  • 電池の消費が激しい
  • ハイスピードシンクロができない

の2つです。

 

Neewer TT560は電池の消費が激しい

Neewer TT560に限らず、ストロボは電池消費が激しいです。

Powerextra DF-400も同じくらいでした
いまやり

 

僕も初めはダイソー電池を使っていましたが、交換する頻度が高かったのでエネループの充電式電池を購入しました。

 

Neewer TT560はハイスピードシンクロができない

Neewer TT560はシャッタースピードが大体1/200まで対応可能でした。

暗所や室内撮影であれば問題ないですが、真っ昼間の日中シンクロはちょっと工夫が必要。

 

日中に絞り開放だとシャッタースピードがどうしても速くなってしまうので、NDフィルターなどを使ってシャッタースピードを調整する必要があります。

 

まとめ|Neewer TT560は1台目のストロボに最適

この記事では「【レビュー】激安ストロボNeewer TT560はかなり使える!【作例あり】」について書きました。

 

Neewer TT560は安いにもかかわらず最低限の機能を備えているので

  • ブツ撮り
  • ポートレート撮影

など様々なシーンで使うことができます。

日中シンクロやスローシンクロなんかもできるから写真の幅が広がる
いまやり

 

Neewer TT560初めてのストロボにおすすめなので、気になっている方は是非買ってみてください。

以上、いまやり。(@imayari_orz)でした。

 

-カメラグッズ・アイテム
-,

© 2020 いまやり Powered by AFFINGER5