ガジェット

【レビュー】AnkerウルトラスリムはiPadとの相性抜群でした!2年間使ってみた使用感を紹介します!

いまやり
iPad×キーボードの組み合わせでiPadをPCライクに使っているいまやり。(@imayari_orz)です。

この記事では、Anker ウルトラスリムキーボードのレビューをします。

iPad用やMacBook用のBluetoothキーボードを悩んでいる方の参考になればと思います。

 

iPadとかMacBookをクラムシェルで使う用のBluetoothキーボードが欲しくて探していたのですが、家電量販店にあるキーボードってダサくて魅力がない・・・

 

Logicoolのキーボードはかっこいいけど1万円くらいするし、それならMagic Keyboardの方がいいよな・・・

 

みたいな感じでiPadやMacbookとの相性がいいキーボードを探していたところAnkerウルトラスリムキーボードを見つけました。

 

見た目はAppleのMagic keyboardみたいでおしゃれだし、価格も2000円前後ということで即購入しました。

 

Ankerウルトラスリムキーボードを2年弱使用してみた感想はこちらです。

 

ということで、Ankerウルトラスリムキーボードを2年弱使用してみたうえでの使用感についてレビューします。

 

AnkerウルトラスリムBluetoothキーボードの特徴と外観

Ankerウルトラスリムキーボードの特徴と外観について紹介してきます。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

基本情報

  • サイズ:28.4 x 12.2 x 1.85 cm
  • 重さ:219g(電池込み)
  • 電池:単4×2(別売り)
  • 通信:Bluetooth 3.0
  • 配列:英語(US)101キー
  • キー:パンタグラフ アイソレーションタイプ
  • キーピッチ:19mm
  • 保証:18ヶ月
  • メーカー:Anker
  • 対応機種:PC、iPhone、iPad、iPad mini、Apple TV、Android各端末、他

 

Ankerウルトラスリムキーボードは次のような特徴があります。

1つ1つ紹介していきます
いまやり

Ankerウルトラスリムの外観はMagicKeyboardそっくり

Ankerウルトラスリムキーボードムはホワイトとブラックの2種類のカラーが用意されています。

 

僕はMagicKeyBoard感のあるホワイトを購入しました。

シルバーのフレームに白のキーボードで、Apple MagicKeyBoardにかなり近い見た目になっています。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

ただフレームがアルミではなくプラスチックなので、Apple MagicKeyboardに比べると安っぽさもあります。

でも、2000円という価格を考えると十分だと思います。

 

2年ぶりに写真を撮ってみました。

うん、おしゃれ
いまやり

 

US配列キーボードだからシンプルでオシャレ

AnkerウルトラスリムキーボードUS配列です。

US配列とは?

キーボード配列の1つです。

キートップにひらがなの表示がなく、英大文字、数字、記号のみの表示となっています。

また、Enterキーなど一部のキーで大きさが異なったり、位置が異なったりします。

キートップがごちゃごちゃしていないのがいい
いまやり

 

余談ですが、JIS配列で購入したMacbookはキーボードステッカーを貼ってUS配列風にしました。

【レビュー】igsticker Macbookキーボード用スキンシールでUSキーボード風に仕上げる!

 

滑り止めがあるからしっかりと固定される

裏面には4つ角に滑り止めのゴムがついています。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

これがあるおかげで、タイピング中もキーボードが動いてしまうなんてことはありません。

ゴムが白色なので汚れてきますが、2年間使っても取れてしまったりはありません。

 

電源ボタンは裏側にある

電源ボタンのつまみは裏側真ん中にあります。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

裏面に電源スイッチがあることで表面がシンプルになるというメリットがあります。

ですが、スイッチのオンオフをいちいちキーボードを裏っ返さないといけないというデメリットもありました。

 

電源は単4電池を2本使用

Ankerウルトラスリムキーボードは単4電池を2本使用します。

特に指定はなさそうなので、使い捨てでも充電式でも使うことができますね。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

キーボードに傾斜があり打ちやすい

Ankerウルトラスリムは電池ボックスの出っ張りをうまく活用して、キーボードに傾斜を作っています。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

横から見るとこれくらいの傾斜です。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

傾斜があると打ちやすいですね
いまやり

 

Ankerウルトラスリムはめっちゃ軽い

Ankerウルトラスリムキーボードは219g(グラム)ですごく軽いです。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

iPadと合わせた重量でも860g(グラム)です。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

ちなみにMacbookAirが1231g(グラム)ですので、400gくらい差がありますね。

400gっていうとだいたい500mlのペットボトル1本分くらいです。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

持ち運び用としてのキーボードだったので軽いというのはかなりのメリットですね。

とりあえず持って行こうってなる
いまやり

 

Ankerウルトラスリムの使用感

次にAnkerウルトラスリムキーボードを2年間使ってみての感想を紹介します。

 

iPadとのペアリングが簡単

AnkerウルトラスリムはMacやiPadとのペリアングが簡単にできます。

  • STEP1
    電源を入れる

    Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

    キーボード裏面のスイッチをONにします。

  • STEP2
    ペアリングボタンを押す

    Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

    「Fn」+「Z」を同時に押します。

  • STEP3
    端末名を選択しパス入力

    Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

    「Anker A7726」が表示されたらタップします。

    表示されたコードをキーボードで入力し、Enterを押します。

  • STEP4
    ペアリング完了

    Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

    「接続済み」が表示されたら接続完了です。

TIPS

ペアリング設定は初回のみです。

2回目以降は電源を入れると自動的にペアリングされます。

 

MacbookやiPhone、Android端末でも同じようにペアリングすることができます。

 

キーボードが打ちにくくない

タイピングした感じは可もなく不可もなくといった感想です。

安いキーボードは打ちにくくて使えないものもあるのですが、Ankerウルトラスリムは普通に使えます。

 

ただ、打鍵感が軽いので合わない人は合わないかもしれません。

 

僕はMacbookのバタフライキーボードの打鍵感や他の安物キーボードの打鍵感に慣れていたのですぐに慣れることができました

 

また、Ankerウルトラスリムはキーピッチが広いです。

キーピッチが広く、キー同士に隙間があるので打ち間違いが少ないのも良かった点です。

 

MacbookAirとほぼ同じサイズです。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

打鍵音がちょっと気になる

ankerウルトラスリムの1番の欠点はタイプ音だと思います。

amazonのレビューでもコメントがありますが、タイピングすると「カチャカチャ」とプラスチック音がします。

カフェなどで作業をするときは注意が必要ですね。
いまやり

 

僕はMacbook Airのバタフライキーボードのおかげで静かにタイピングする癖がついていたのでそこまで気になりませんでした。

 

ですが、普段あまり静かめなキーボードを使っている人はちょっと大きく感じるかもしれません。

でも、静かに打つように心がければ問題なし
いまやり

 

方向キーが扱いやすい

キーボードを選ぶ時にわたしが重視するのが方向キーです。

 

iPadでもMacでも

  • 文章を書くとき
  • Excelをさわるとき
  • Webを見るとき

と方向キーを使う機会がよくあります。

 

Ankerウルトラスリムキーボードは方向キーはMacbookと少し配置が違うので、最初は戸惑いましたが慣れたら問題ありません。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

Bluetoothあるあるのチャタリング問題

これはAnkerウルトラスリムキーボードに限らずで、Bluetoothキーボードならどのキーボードでも起こる現象です。

チャタリングとは?

キーボードの電子信号の認識誤りにより文字が連続して入力されてしまう現象です。

「あ」しか打ってないのに「ああ」って入力されたり、「あああああ・・・」って止まらなくなったりります。

 

Ankerウルトラスリムキーボードでもたまに発生するなという感じです。

でも頻度は低いのでそこまで気にしなくていいと思います。

 

amazonのレビューをみていると「一文で一回は発生する」という口コミもあるので、個体差があるかもしれません。

 

あまりにもひどいようであれば、初期不良として交換するのも手ですね。

Ankerは18ヶ月保証があるのが嬉しいですね。

 

Fnキーで各操作ができる

Fnキーを見ると明るさボタン、音量ボタン、再生ボタンなど色々なマークがあります。

Ankerウルトラスリムキーボード_レビュー

 

このキーを押すと様々な操作ができます。

Fnキーでできること

  • バックグラウンドアプリの表示
  • 画面の明るさ調整
  • 検索ウィンドウの表示
  • 音楽・動画の再生/停止等
  • 音量の調節
  • 画面ロック
ボタン一つで色々調整できるのは嬉しい
いまやり

 

電池の持ちがいい

電池の持ちがいいです。

厳密に使用時間や日数を調べたわけではないですが、年に1〜2回電池交換するくらいです。

 

1つ欲を言うのであれば、電池の残量がわかると最高でした。

充電式ではなく電池式なので仕方がないとは思いますが、後どれくらい使えるかがわかると助かりますね。

 

18ヶ月保証が素晴らしい

Anker製品はウルトラスリム キーボードに関わらず、多くの製品で18ヶ月保証がついてきます。

私も今まで

などを買いましたがすべて18ヶ月保証が付いていました。

 

特に断線とかでよく使えなくなるlighteningケーブルの保証は嬉しいですね。

過去に3回交換してもらいました。

 

1年以上使っても交換してもらえるのは凄いと思います。

やりとりも丁寧で安心できますね!

 

残念ながら?Ankerウルトラスリムは18ヶ月の間に故障がなかったので交換はしませんでした。

耐久性も◎
いまやり

 

まとめ:Ankerウルトラスリムは安くておしゃれなBluetoothキーボード

Ankerウルトラスリムはかなりいい買い物だったと思います。

 

AppleのMagicKeyboardみたいなおしゃれなキーボードが欲しいなって思っている方であればAnkerウルトラスリムキーボードがオススメです。

以上、いまやり。(@imayari_orz)でした。

-ガジェット
-, , ,

© 2020 いまやり Powered by AFFINGER5