【幻想的】滝を白い糸のように撮影する方法!実はとても簡単です!

この記事の内容

白糸のような幻想的な写真を撮ってみたくありませんか?

SNSや雑誌でよくみる水の流れがサーっと白い糸のようになっている滝の写真は案外簡単に撮ることができます。

この記事ではいくつかの滝の写真を参考に使いながら滝の撮り方を紹介します。

設定を真似するだけで簡単に撮れます!

 

[st-kaiwa2]今度滝を撮りにいくんだけど、撮り方を教えてよ[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa3 r]いいよー、この間撮ってきた写真を使いながら説明するねー[/st-kaiwa3]

 

白い糸のような滝の写真撮ってみたくないですか?

[st-kaiwa2]幻想的ですごいねー[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa3 r]でしょでしょー[/st-kaiwa3]

[st-kaiwa2]でもなんだか難しそう[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa3 r]そんなことないよー案外簡単に撮れるんだよー[/st-kaiwa3]

 

白糸のような滝の写真はシャッタースピードを1秒に設定するだけで簡単に撮ることができます。

 

ということでこの記事では「SS1秒にして白糸のような滝を撮る方法」について書いていきます。

 

[toc]

 

Contents

滝の撮影はシャッタースピードが大切

滝を撮る時には主に次の2パターンで撮影します。

滝の撮影パターン
  •  シャッタースピードを早くして撮る
  •  シャッタースピードを遅くして撮る

シャッタースピードを速くするか遅くするかで撮ることが多く、あまり通常のシャッタースピードは使いません。

 

シャッタースピードを速くして撮る

シャッタースピードを速くして撮ることで水の流れを止めることができます。

SS:1/640秒

[st-kaiwa2]水しぶき1つ1つが見えるね[/st-kaiwa2]

 

このように水しぶきを捉えたい時はシャッタースピードを速くして撮影します。

水の流れを止めて撮るときのシャッタースピードは1/500秒以上を設定できるといいと思います。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#6AC1B7″ color=”#000000″ margin=”0 0 20px 0″ radius=”” add_boxstyle=””]いまやり流カメラ設定[/st-minihukidashi]

[ptimeline color=”green”]

[ti label=”STEP1″ title=”SS優先モードに設定する”]撮影モードをシャッタースピード優先モードに設定します。[/ti]

[ti label=”STEP2″ title=”ISO・絞りを調整する”]シャッタースピードを速くすると写真が暗くなるのでISO感度を上げて調整します。このとき絞りは8.0〜14.0くらいに設定できると全体にピントを合わせることができます。[/ti]

[ti label=”STEP3″ title=”ホワイトバランスを調整する”]おすすめは「オート」「晴天」「蛍光灯」です。[/ti]

[ti label=”STEP4″ title=”撮影する”]設定ができたら写真を撮ってみます。[/ti]

[ti label=”STEP5″ title=”微調整する”]構図、シャッタースピード、絞りにを調整します。[/ti]

[/ptimeline]

 

シャッタースピードを遅くして撮る

シャッタースピードを遅くすることで水の流れを感じさせる白糸のような滝の写真を撮ることができます。

SS:4秒

 

シャッタースピードは1秒以上になるように設定します。

絞り優先モード(Aモード)で絞り(F値)を絞ることによってシャッタースピードを調整していきます。

[st-kaiwa2]太陽が出てるとシャッタースピードが遅くならないよね?[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa3 r]そういうこともあります[/st-kaiwa3]

 

太陽が出ていると絞りをf/18やf/22にしてもシャッタースピードが1秒にならないことがあります。

そんな時には次に紹介するNDフィルターという光を減らしてくれるフィルターを使って撮影します。

[st-kaiwa2]裏技的なのがあるのね[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa3 r]そういうことー[/st-kaiwa3]

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#6AC1B7″ color=”#000000″ margin=”0 0 20px 0″ radius=”” add_boxstyle=””]いまやり流カメラ設定[/st-minihukidashi]

[ptimeline color=”green”]

[ti label=”STEP1″ title=”絞り優先モードに設定する”]撮影モードを絞り優先モード(Aモード)に設定します。[/ti]

[ti label=”STEP2″ title=”絞りでSSを調整する”]シャッタースピードが1秒以上になるよう絞り(F値)を調整します。F値を18や22にしてもシャッタースピードが1秒以上にならない時はNDフィルターを装着します。[/ti]

[ti label=”STEP3″ title=”ホワイトバランスを調整する”]おすすめは「オート」「晴天」「蛍光灯」です。[/ti]

[ti label=”STEP4″ title=”撮影する”]設定ができたら写真を撮ってみます。[/ti]

[ti label=”STEP5″ title=”微調整する”]構図、シャッタースピード、絞りにを調整します。[/ti]

[/ptimeline]

 

目次へ戻る

NDフィルターを使ってシャッタースピードを遅くする

絞りを絞ってISO100にしてもシャッタースピードが1秒にならない・・・っていう経験が僕にもありました。

せっかく滝の写真を撮りにきたのに、シャッタースピードが早すぎて納得いく写真が撮れないってかなり悲しいです。

そこで僕はコレを即買いしました。

 

こちらがNDフィルターをいうものです。

NDフィルターは別名減光フィルターとも言われる光量を調整してくれるフィルターです。

[st-kaiwa3 r]サングラスみたいなものだよ[/st-kaiwa3]

このNDフィルターをつけることによってレンズから見える世界が暗くなるのでシャッタースピードを遅くすることができます。

 

NDフィルターにはいくつか暗さの種類があります。

ND16かND8を買っておけば様々な場面で役立つと思うので、持っておくことをおすすめします。

[st-kaiwa3 r]僕はND16を使ってるよー[/st-kaiwa3]

 

目次へ戻る

滝を撮るときの注意点

ここでは滝を撮影するときの注意点を紹介します。

注意点は次の2つです。

滝撮影の注意点
  •  三脚を使って撮る&手振れ補正はオフにする
  •  水しぶきに注意する

 

三脚を使って撮る&手振れ補正はオフにする

シャッタースピードを遅くして白糸の滝を撮りたいのであれば三脚は必須です。

シャッタースピードを1秒以上にしたら手振れ補正が付いていても高確率で手ブレしてしまいます。

[st-cmemo fontawesome=”fa-external-link” iconcolor=”#517D99″ bgcolor=”#f0f7ff” color=”#757575″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]手持ち撮影でも手ブレしないシャタースピードの目安と設定方法を紹介[/st-cmemo]

 

また三脚を使って写真を撮る時は必ずレンズについている手振れ補正はオフにしましょう。

手振れ補正がオンになっているとカメラの誤作動でブレブレの写真になってしまうことがあります。

[st-kaiwa3 r]三脚で撮ってるのにブレブレ写真になった時は悲しかった・・・[/st-kaiwa3]

 

確率は低いですが、時間を無駄にしないためにも手振れ補正はオフにしておいてください。

 

水しぶきに注意する

滝の周りは水しぶきがすごいです。

レンズにもかなり水滴がついてしまいます。

水滴がついたままの状態で写真を撮るとこのように映り込みをしてしまいます。

 

こうならないようにこまめにレンズを拭くようにしましょう。

僕は次の2つを持って行ってます。

  •  レンズ用の布・タオル
  •  レンズクリーナー

 

まず、レンズ用のタオル(レンズを傷つけないやつ)でさっと水滴を拭き取ります。

その後にレンズペンで跡が残らないように綺麗にします。

[st-kaiwa3 r]これをやるかやらないかで写真がかなり変わると思うよ[/st-kaiwa3]

 

目次へ戻る

滝撮影のよくある質問

よくある質問を一問一答形式でまとめてみました。

もしこれ以外の質問があればいまやり(@imayari_orz)まで連絡をお願いします。

Q 最適なシャッタースピードは?

白糸のような滝を撮るなら1秒以上。流れを取れるなら1/500秒以下が目安です。

Q おすすめのホワイトバランスは?

「オート」「晴天」「蛍光灯」がおすすめです。僕はRAW現像前提なのでオートか晴天で撮影しています。

Q 持って行った方がいいものは?

三脚、NDフィルター、レンズクリーナーはあると役立ちます。

Q 三脚は必須ですか?

白糸のような滝を撮るなら必須です。ないと手振れの確率が高いです。

Q NDフィルターは必須ですか?

白糸のような滝を撮るなら持っておいた方がいいです。天気によっては思うようにSSが遅くならないことがあります。

Q NDフィルターのおすすめは?

ND8かND16が使いやすくおすすめです。

Q おすすめのレンズは?

広角レンズがあると全体写真が撮りやすいです。また、望遠で一部を切り取るのも面白いです。

 

目次へ戻る

まとめ|白糸の滝を撮るならSS1秒

この記事では「【幻想的】滝を白い糸のように撮影する方法!実はとても簡単です!」について書きました。

 

滝を撮るなら

  •  SS1秒以上で白糸の滝を撮る
  •  SS1/500秒で水の流れを止める

の2つを覚えておけばそれらしい写真を撮ることができます。

 

白糸の滝の取り方をマスターしたら次は様々な滝の構図にもチャレンジしてみてください。

[st-cmemo fontawesome=”fa-external-link” iconcolor=”#517D99″ bgcolor=”#f0f7ff” color=”#757575″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]【写真激変】ホワイトバランスを使いこなす!シーン別のおすすめ設定とは?[/st-cmemo]

[st-cmemo fontawesome=”fa-external-link” iconcolor=”#517D99″ bgcolor=”#f0f7ff” color=”#757575″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]【感動】RAW現像を知って理想の1枚が撮れるようになりました![/st-cmemo]

[st-cmemo fontawesome=”fa-external-link” iconcolor=”#517D99″ bgcolor=”#f0f7ff” color=”#757575″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]【RAWってなに?】カメラ初心者こそRAWデータ保存をすべき3つの理由[/st-cmemo]

[st-cmemo fontawesome=”fa-external-link” iconcolor=”#517D99″ bgcolor=”#f0f7ff” color=”#757575″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]手持ち撮影でも手ブレしないシャタースピードの目安と設定方法を紹介[/st-cmemo]

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、いまやり(@imayari_orz)でした。

目次へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる