カメラグッズ・アイテム

【実機レビュー】Tamron(タムロン)10-24mm【作例あり】

広角レンズを手に入れて以来、広角写真の面白さの虜になっているいまやり。(@imayari_orz)です。

 

僕がキットレンズからのステップアップとして最初に選んだのが超広角レンズの「Tamron(タムロン)10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD(Model B023)」というレンズです。

 

このレンズは

  • 超広角だから広く切り取れる
  • 被写体に寄って撮れる
  • 手ぶれ補正が優秀
  • 開放F値3.5だから星も撮れる

という特徴があり、使っていてすごく楽しいレンズです。

 

ということでこの記事ではTamron 10-24mm f/3.5−4.5の

  • 機能や写り
  • おすすめポイント
  • 残念なポイント
  • 写真作例

について書いていきます。

選択肢画像

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥38,050 (2020/08/03 23:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

Tamron 10-24mmの外観・機能をレビュー

 

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5は白地にレンズがデザインされた箱に入っていました。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_外箱1

ルミナスゴールドのラインがいい感じ
いまやり

同封物は

  • Tamron 10-24mm f/3.5-4.5
  • 花形レンズフード
  • 補償書類

です。

 

Tamron(タムロン)10−24レビュー_外箱2

 

できればこの価格帯ならSIGMA 17-50mm f/2.8についてきたようなレンズケースが付いていると嬉しいですね。

SIGAM1750レビュー_レンズケース

 

レンズ本体は光沢を抑えたマットブラッで高級感があります。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_レンズ横面から

 

大きさは重さは次のようになっています。

  • 大きさ:8.1 x 8.4 x 8.4 cm
  • 重さ:440g

Tamron(タムロン)10−24レビュー_レンズ斜めから

 

キットレンズのNIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRと比べると結構大きさいですね。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_キットレンズと比較

 

マウント部にはルミナスゴールドがキラリと光ります。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_マウント部

チラ見えするこのルミナスゴールドのリングがめちゃくちゃかっこいい
いまやり

 

ロゴや焦点距離の刻印は白色で印字されています。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_ロゴ

 

横には2種類のスイッチがあります。

  • AF/MFの切り替え
  • 手ぶれ補正のON/OFF

Tamron(タムロン)10−24レビュー_切替スイッチ

カチッっとするだけで切り替えられるのは楽でいい。特にフォーカスモード。
いまやり

 

レンズをカメラに装着するとこんな感じです。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_カメラに装着1

Tamron(タムロン)10−24レビュー_カメラに装着3

 

レンズ径は大きめな77mmです。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_カメラに装着2

レンズ径が大きいとカッコ良い
いまやり
created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥38,050 (2020/08/03 23:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

Tamron 10-24mmの写りをレビュー

 

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5の写りについてレビューしていきます。

 

次の7つのポイントで検証をしてみました。

  • 焦点距離
  • 中心解像度
  • 周辺解像度
  • 周辺光量落ち
  • 逆光耐性
  • 歪曲収差
  • 手ぶれ補正

 

 

焦点距離

Tamron 10-24mmで次の3つの焦点距離を撮り比べてみました。

  • 18mm(キットレンズの広角端と同じ)
  • 10mm(広角端)
  • 24mm(望遠端)

 

 

18mm(キットレンズの広角端と同じ)

 

10mm(広角端)

 

24mm(望遠端)

写真下に写っている通路に着目していただくとわかりやすいと思います。

 

10mmだとかなり手前まで写っています。

18mmと10mmだとかなり写る範囲に差がありますね。

 

中心解像度と周辺解像度

写真の赤枠あたりを

  • f/3.5
  • f/5.6
  • f/8.0

の焦点距離ごとに切り出してみます。

 

 

開放でもかなりくっきり写っています。

f/3.5

f/5.6

f/8.0

 

次に周辺解像度をみていきます。

写真の左上を切り出してみました。

f/3.5

f/5.6

f/8.0

若干周辺は像が流れてしまっている気もしますが、かなり拡大しないと気がつかないレベルです。

f/5.6くらいでパンフォーカスになり、手前から奥までクッキリ写っています。

かなり優秀ですね
いまやり

 

周辺光量落ち

Tamron 10-24mmの周辺光量落ちをみてみます。

開放では周辺光量落ちが発生しますが、f/5.6くらいからは気にならなくなります。

 

写真が悪いですが、右上で確認できます。

 

逆光耐性

Tamron 10-24mmはBBARコーティングやレンズ内の塗装などのゴースト・フレア対策がされているので逆光にはかなり強いです。

 

開放f/3.5で撮影した時には太陽を直接捉えても、ゴースト・フレアは出ません。

f/3.5で撮影

 

光条を出すためにf/16くらいまで絞ったところゴーストが発生しました。

f/16で撮影

 

f/8~11くらいまではゴースト・フレアは出なかったんので、かなり逆光耐性は高いと思います。

 

また、今回はレンズ保護フィルターを付けての撮影だったのでフィルターを外して撮ったら、さらにゴースト・フレアを抑えられるかもしれません。

 

歪曲収差・周辺部の歪み

Tamron 10-24mmは超広角レンズなので歪曲収差は避けては通れません。

実際どれくらい発生するかは次の写真をご覧ください。

 

広角端10mmで撮影するとやはり歪みが目立ちます。

まあでもこれくらいなら許容範囲内ですかね。

 

望遠端24mmでは歪みは見られませんでした。

 

手ぶれ補正

Tamron 10-24mmはレンズ内手ぶれ補正がかなり優秀です。

僕の購入の決め手は手ぶれ補正
いまやり

 

手振れしないシャッタースピードの目安が「1/焦点距離」と言われているのですが、手ぶれ補正があるTamron10-24mmはもっと遅いシャッタースピードでもブレずに撮影できます。

※フルサイズでの焦点処理

 

24mm iso100 SS1/20

 

シャッタースピードを遅くするためにF値を22まで絞ったせいで回折現象でクッキリさがなくなっていますが、1/20という遅さにもかかわらず手振れはしていません。

 

また、焦点距離が短いのでそもそものシャッタースピードもそれほど早くなくていいというのも利点ですね。

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥38,050 (2020/08/03 23:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

Tamron 10−24mmのおすすめポイント

 

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5のおすすめポイントは次の4つです。

  • 超広角だから何を撮っても面白い
  • 開放F値3.5だから星空撮影ができる
  • 寄って撮れる
  • レンズ内手ぶれ補正が優秀

 

超広角だから何を撮っても面白い

Tamron 10-24mmは超広角レンズなので、かなり広く撮ることができます。

 

広く写すことができるので東京タワーやスカイツリーなどの大きな建物もしっかりとフレームに収めることができます。

 

また遠近感が強く出るのでパースの効いた非日常的な写真を撮ることができます。

標準レンズでは味わえない凄さがある
いまやり

 

明るいレンズだから星空撮影もできる

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5広角側でF値が3.5になるので明るい方だと思いますね。

レンズ径も大きいのでシャッタースピードが稼ぎやすいです。

 

明るめのレンズなので星空も撮影することができます。

広角レンズ×星空は最強です。

海や山、建物などの被写体を入れつつ、広大な星空を撮ることができるのは魅力的ですね。

広角なので長秒露光で星が流れてしまうのも分かりづらく、綺麗な写真に仕上げることができます。

 

被写体に寄って撮れる

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5は望遠側の最短撮影距離が24cmなので被写体にめちゃくちゃ寄ることができます。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_寄って撮れる

ここまで寄って撮れる

Tamron(タムロン)10−24レビュー_寄って撮った写真

寄って撮った写真

 

今回の写真例があまり良くないのであれですが、広角レンズなので寄っても背景がバッチリ写ります。

なので被写体に寄りつつ背景も写した写真っていうのが撮れるのも面白みの一つです。

広角レンズには近くのモノは大きく、遠くのものは小さく写るという性質があるので、見た目とは全然違う写真になったりもします。

 

手振れ補正がすごい

手振れ補正が付いているのも魅力の一つです。

手振れ補正があるかないかは非常に重要です!

夜景撮影や室内撮影などのどうしても暗くなってしまうシーンでは、手振れ補正がすごく役立ちます。

またTamron 10-24mm f/3.5-4.5は焦点距離が10mmとかなり短いので遅めのシャッタスピードにも強いです。

関連記事▶︎「手持ち撮影でも手ブレしないシャタースピードの目安と設定方法を紹介

手持ち撮影でも手ブレしないシャタースピードの目安と設定方法を紹介

いまやりこの記事では手持ち撮影でも手ブレしないシャッタースピードの目安と設定方法を紹介します。今の設定方法にしてから手ブ ...

 

いまやり
手振れ補正は必須機能ですね

 

見た目がかっこいい

これが一番の決め手かもしれません。

太さ十分、レンズ径大きめなので、カメラに装着したときの存在感が凄いです。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_カメラに装着1 Tamron(タムロン)10−24レビュー_カメラに装着5

 

いい写真が撮れるってのも大事ですが、カメラ自体のかっこ良さっていうのも大事だと思ってます。

いまやり
かっこいいとウキウキしますし、カメラに触りたくなりますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

Tamron 10-24mmの残念なポイント

 

Tamron 10-24mmの作例紹介

 

まとめ|使いやすくて写りもいいレンズです

 

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥38,050 (2020/08/03 23:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

開封してすぐに部屋の中を撮影してみたのですが、予想以上に広くてまじでびっくりしました。

18mmでもそこそこ広く写ると思っていたのですが、10mmは桁違いでした・・・

これが18mmの画角です

Tamron(タムロン)10−24レビュー_作例1(18mm)

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5レビュー_18mmで撮影

 

こっちが10mmです。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_作例1(10mm)

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5レビュー_10mmで撮影

 

もう意味わかんないくらい広く写りますね

まじで広い、まじで面白い、本当に買ってよかったです。

 

ということで今回は、超広角レンズTamron 10-24mm f/3.5-4.5のレビューをしていきます。

超広角レンズ買いたいなー、Tamron 10-24mm f/3.5-4.5が気になるなーって方の参考になればと思います。

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥38,050 (2020/08/03 23:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

[toc]

 

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5の外観・デザインをレビュー

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5は白地にレンズがデザインされた箱に入っていました。

ルミナスゴールドをイメージしたラインもデザインされています。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_外箱1

ルミナスゴールドがデザインされた外箱

 

同封物は

  • レンズ本体
  • 花形レンズフード
  • 保証書類

となっています。

Tamron(タムロン)10−24レビュー_外箱2

花形フードも同梱されています

 

 

 

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5のおすすめポイント

 

 

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5の気になるところ

良いところもいっぱいあるTamron 10-24mm f/3.5-4.5ですが、やっぱり気になるところもあります。

まずレンズが重たいです。

とにかく軽いレンズがいいという人にはあまりお勧めはできないですね。

私にとっては「重さ<他の魅力」だったので重さはしょーがないと割り切っています。

 

あとは写真の歪曲収差もやや気になります。

超広角レンズなので仕方がないのですが、建物や街灯などが隅に入るとぐわんって歪みます。

まあこれを回避できる超広角レンズはないんだと思います。

いまやり
Tamron 10-24mm f/3.5-4.5はこれでも広角レンズの中では歪曲収差が目立たない方なのかな?

 

値段が安くないのも悩んだポイントですね。

Nikon純正レンズに比べるとやや高です。

ここに関しても差額を出す価値があるかどうかですね。

私はF値や見た目で魅力があると思ったので、Tamron 10-24 F3.5-4.5を買いました

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥38,050 (2020/08/03 23:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5とNikkor 10-20mm f/4.5-5.5を比較

Nikonユーザならまず選択肢に入るのがNikkor 10-20mm f/4.5-5.5だと思います。

 

私も最初はNikkor 10-20mm f/4.5-5.5を買おうと思っていました。

このレンズの魅力は次の3つです。

  • 安い
  • 軽い
  • 手ぶれ補正あり

 

安くて軽い広角レンズってすごいと思います。

しかも手ぶれ補正まで付いてるのはチートですね。

でも私はこのレンズには

  • F値が4.5だから星空撮影に向かない
  • 見た目がカッコよくない

という気になるポイントがあったので選びませんでした。

 

もし、F値や見た目にこだわりがないならマジでおすすめなレンズです。

手ぶれ補正ついてこの値段で純正レンズが買えるのはコスパ最強だと思います。

 

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5とSIGMA 10-20mm f/3.5と比較

SIGMA 10−20mm f/3.5とも悩みましたね。

created by Rinker
シグマ(Sigma)
¥48,790 (2020/08/03 12:55:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

こちらもレンズ径が大きく見た目がかっこいいのと、何よりもF値が3.5通しっていうのが魅力的でした。

ズームしてもF値が変わらないっていうのはいいですよね。写真の幅が広がります。

 

でも気になったのが、画角が標準レンズとかぶるところです。

20mmのF3.5ならキットレンズでもカバーできてるし、そこまでメリットない??

って思っちゃいました。

なんならF2.8通しの標準ズームがあるから基本そっち使うよねって。

 

あと手ぶれ補正がないっていのも大きなマイナスポイントでした。

手ぶれ補正に慣れてしまうと、ないのはちょっと、、、ってなってしまいます。

 

ということからF3.5通しではないけど、手ぶれ補正がついているTamron 10-24mm f/3.5-4.5を選びました。

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥38,050 (2020/08/03 23:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

超広角レンズTamron 10-24mm f/3.5-4.5を買ってからさらにカメラが楽しくなりました!

何を撮っても絵になるのが超広角レンズの凄いところですね。

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5を買ってから、自然、景色を撮るのもビルや街中スナップもすごく楽しくなりました。

旅行先で海、空、山、などの景色を撮るのであれば、広角レンズはすごくお勧めできます!

ぜひ使ってみてほしいですね!

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥38,050 (2020/08/03 23:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5の作例を紹介

不定期更新です。

Tamron 10-24mm f/3.5-4.5で撮影した写真を載せていきます。

TAMRON1024作例_銀座数寄屋橋交差点

10mm f/22 ISO100

TAMRON1024作例_銀座

10mm f/22 ISO100

TAMRON1024作例_数寄屋橋上空

10mm f/5.6 ISO100

TAMRON1024作例_銀座2

10mm f/5.6 ISO100

TAMRON1024作例_国際フォーラム

13mm f/4.0 ISO250

TAMRON1024作例_東京タワー

11mm f/11 ISO125

TAMRON1024作例_日本丸の夜景

20mm f/22 ISO100

TAMRON1024作例_サークルウォーク

10mm f/14 ISO100

-カメラグッズ・アイテム

© 2020 いまやり Powered by AFFINGER5